震災はいつ起こるかわかりません。

災害にあってから悔やんでも、後の祭りです。

大震災に備えて各家庭で対策をしましょう。


防災ニュース

防災室からのお知らせ


北一社学区防災室設立のお知らせ

北一社防災室長 宮 地 賢 二

 2011年3月11日に発生した東日本大震災では、地震と津波により多くの犠牲者と甚大な損害を生じさせ、全国的な地殻変動

により各地で大小の地震、火山の噴火と極めて危険な状況に陥っていると思われます。

 皆様もご存知の様に 当学区に於いても、東海・東南海地震が30年以内に87%、70%の確率で発生すると言われ、その時

いかに公助・共助・自助により一人の犠牲者も出さない事が急務だと考えられます。

 名古屋市全域の町内には、各自治会に『自主防災会』の組織が既成されています。

しかし、当北一社学区における各自主防災会はあまり機能していません。従って機能を活性化させ隣近所で助け合える協力体制

をつくりあげるために、平成27年5月16日に防災室を設立いたしました。

 学区民の皆様におかれましては、何卒ご理解、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。


出展:災害写真データベース

今年度の活動計画


今年度は次の活動からはじめます。

 ● 防災対策に対する現状把握の確認・・・アンケート調査実施

 ● 個人で出来る事への対応・・・備蓄品、家具固定、ガラス飛散防止、建物診断等情報提供、支援等

 ● セミナー

 ● 見学会・・・・・防災センター、名古屋大学減災館等

 ● 自治会単位の地域防災訓練・・・今年度は上社北住宅、社台1丁目南自治会の2自治会

 ● 安否確認(災害時援護者)の体系化・・・・情報共有化

 ● 防災室メンバーの蘇生術、AED操作の修得

今後の活動について


今年度の調査結果にもとづき、来年度からはみなさんの具体的な支援を開始します!!

日頃から近隣とのコミュニケーションを図っておきましょう!

名古屋市名東区 北一社学区連絡協議会